グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

8月21日(金)日本版NCAA「UNIVAS」目指すところ、スポーツ現場のクラスター対策は「寮生活」に注目ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

運動部学生をハッピーにするため、コンプライアンス徹底をーUNIVAS池田専務理事

大学スポーツのブランド力アップ、新たな大学スポーツ文化の創出か。例えば、ユニバスでは、多種多様な競技の全国大会の熱戦の様子の無料動画配信サービスをホームページで展開している。これは学生から好評を博しているそうだ。「トライアスロンで表彰台に立った学生が自分の動画をくださいと言ってきたのです」と、池田さんはうれしそうに教えてくれた。

「何に使うのと聞いたら、就活の時の自己アピールに使いたいって。ダウンロードして、すぐ動画を提供しました」

それにしても、無料配信とはもったいない。有料にすればいいのではないか、と言えば、池田さんは小さく笑った。

「まずはコンテンツの価値を上げないといけません。知ってもらうことが大事なのです」

まだ発足2年目のユニバスの課題は山積である。スポンサーなどを集め、ビジネス感覚が薄かった大学スポーツ界の風潮を変え、どう自己財源をつくっていくのか。どう大学スポーツの価値を高めていくのか。

 

クラスター、スポーツの現場は 高リスクな寮生活、ルール見直し

西日本のある大学でも運動部のひとつでクラスターが発生。最初の陽性者は、運動部寮に入っていた。対策担当者は「練習場への行き帰りのバスと寮生活が高リスクだった」と教訓を語る。

 

新型コロナウイルス感染症発生後のこどもたちの野球環境を考える「オンラインbaseballサミット」を開催しました

埼玉西武ライオンズは今後も、こどもたちが野球をできる環境を整えてくべくさまざまな取り組みを行ってまいります。

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

【スポーツトレンドNAVI】やっぱりみんなでバレーボールやりたい!見たい!withコロナ時代

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代の新しい野球のカタチ

2020年、夏、部活。~前を向いて自主練に励む学生たちのリアルな声を大塚製薬特設サイトにて公開中~

スポーツチームで人工知能ができること

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top