グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代でのサッカーの新しい関わり方とは?

サッカーは屋外でプレーするスポーツとは言え接触プレーを伴うため、練習や試合、大会は段階を踏んで再開しているところだと思います。
withコロナ時代におけるサッカーとの新しい関わり方を紹介します。

アプリなどのオンラインツールをフル活用

市立船橋高校、健康管理アプリ『Atleta』で体調を可視化

千葉県の市立船橋高校では、選手のコンディション管理を目的に健康管理アプリ『Atleta(アトレータ)』を今季2月から導入しました。

コンディション管理では体温、起床時間、心拍数、ケガの詳細など10項目あり、食事管理では朝・昼・夜の食事、補食の記録など、記載項目は多岐に渡ります。
選手はスマートフォンからデータを入力し、記録したデータはグラフ化に対応しており、スタッフはアプリだけで管理が可能な仕組みとなっています。

また、個別のメッセージ機能や全員が共有できる連絡ボードが設けられ、動画を送り意見を求めたりと有効活用でき、スタッフだけでなく選手にも好評です。

FC市川GUNNERSは『BAND』でプレーモデルの落とし込みに取り組む

千葉県にあるFC市川GUNNERSが導入した、無料のグループコミュニケーションアプリ『BAND』は、スケジュール管理や連絡事項の伝達だけでなく、動画配信やミーティングなど多機能を備えています。

投票機能で皆が参加できるライブ配信の日時を決めて、ライブ配信機能による『ガナーズのプレーモデル』の落とし込みに取り組みました。
BANDなら事前に資料をPDFで送って予習をしてもらうことができ、効果的な座学になったそうです。

富山一は『zoom』でのオンラインを活用して頭と身体を強化

富山県の富山一高ではウェブ会議システム『zoom』を活用し、休校期間中、約150名の部員全選手が参加する形で約40分間、スクワットや体幹などのトレーニングを行っていました。オンライントレーニングだと自分の動きだけでなくチームメートの動きも確認できるので、自主トレとは違って競争心を持って取り組めます。

オンライントレーニングや「成長期選手の食事のとり方」についてのオンライン栄養講習会だけでなく、大塚監督が「頭の中も、と若いコーチが動画を配信しています」と言うように、コーチ陣がサッカー動画を作成して選手と共有し、的確な考え方や動きを選手たちに伝えています。

あえてオンラインツールを使わなかったチームも

北海道札幌市にある札幌中央FCでは、コロナ禍を機にオンラインツールを導入せず、以前と変わらず毎週保護者にメールを送り活動中止の連絡を入れるとともに、子どもたちには「監督もみんなとサッカーがしたいけど、ここは我慢しよう」「学校がある時と同じ時間に起きて、課題をやろう」などのメッセージを送っていたそうです。

「中高生であれば、個人の携帯やパソコンを使って、オンラインでコミュニケーションをとることも可能かもしれません。でも小学生は、保護者のスマホを借りて行うケースが大半です。そうなると昼間に働きに出ている保護者が多いので、日中はできず、夜になります。保護者が求めているのは休校時間の有効活用だと思ったので、あえてオンラインツールを活用するには至りませんでした」

リモートマッチ(無観客試合)をLIVE配信

インハイ代替大会「SAGA 2020 SSP杯」サッカー男女全試合をLIVE配信

弊社、株式会社グリーンカードは、2020年6月13日より開催された「SAGA 2020 SSP杯 佐賀県高等学校スポーツ大会 サッカー競技(男子・女子)」において佐賀県サッカー協会協力の元、1回戦から全試合をライブ配信を実施しました。

ライブ配信だけでなく、SAGA 2020 SSP杯公式サイトにはアーカイブとしてダイジェスト動画やフォトギャラリーが掲載されていて、「応援に来られない保護者にも選手の頑張る姿を届けられないか」という目的が果たせたのではないでしょうか。

この後、徳島、沖縄、富山のインハイ代替大会やアルティマもライブ配信されました。

~高校生が主役~ 全国高校サッカー選手権大会栃木大会ネット中継企画

公益社団法人 栃木県サッカー協会と株式会社とちぎテレビは、来年度で100回大会を迎える全国高校サッカー選手権大会の盛り上げ策のひとつとして、第99回栃木大会の模様を1回戦からインターネットを活用した中継企画を実施します。

コンセプトは「高校生が主役」、選手だけでなく、配信における実況・解説も高校生に担当してもらうことで、高校生が創るインターネット配信をめざしています。

大会中止で引退が迫った先輩へ「ラストマッチを」後輩が企画

新型コロナウイルス感染拡大の影響で引退試合がなくなった中学3年生のために、福岡市早良区の中学2年松本京之介さん(14)が「ぼくらの中学ラストマッチin福岡」を企画しました。

全国の中学1年生〜3年生のサッカー部及びクラブチーム所属のサッカー選手を対象に募集し、今回福岡県サッカー協会からの参加賞などの支援や関係各所から多くの協力のもと、感染予防策を十分に施し、2020年7月11日(土) に福岡フットボールセンターにて開催されました。

スローガン「後輩よ、先輩達の想いを受け継げ」の通り、3年生から1、2年生にこれまでのいろんな想いや志が受け継がれたことでしょう。

参考サイト

編集後記

取り上げた事例の多くは緊急事態宣言発令中に実施されましたが、どれも一時的な対策ではなく、withコロナ時代、そしてafterコロナでも永続的に行える取り組みが揃っています。
練習や大会が再開してきた今のうちに、少しでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

【スポーツトレンドNAVI】やっぱりみんなでバレーボールやりたい!見たい!withコロナ時代

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代の新しい野球のカタチ

2020年、夏、部活。~前を向いて自主練に励む学生たちのリアルな声を大塚製薬特設サイトにて公開中~

スポーツチームで人工知能ができること

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

ABOUT THE AUTHOR

eitaro
東京都出身、神奈川県在住の一男一女の母、eitaroです。
薬剤師に加え、2019年4月に睡眠コンサルタント、2019年11月に睡眠健康指導士初級の資格を取得しました。
どうぞよろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ
年中から小6まで8年間サッカーを続けた中1の息子が入部したのは、何とテニス部!
中高大とテニス女子だった私、今度はテニス男子の母に(^^;

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top