グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

7月27日(月)サッカー新リーグ”アルティマ”に高校生たちが感じる大きな意義、プレミア得点王はヴァーディ ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

高校年代の新リーグ、開幕戦で静岡学園と尚志が激突! 久しぶりの実戦が生んだ“大きな価値”

「インターハイなどが無くなった分、こういう試合でしっかりとアピールしたいと思っていますし、実際にプレーをしてみて注目度が高いと感じました。スカウトの人たちが来ているので、1つ1つのチャンスを無駄にしないようにしています」とアンリも口にしたように、この一戦に意義を見出しているのは選手、監督だけではなく、Jクラブや大学などのスカウトも同じ。選手を緊迫した環境下の試合で見る機会が限られているからこそ、鋭い目線がピッチに飛んでいた。

子どものスポーツに入れ込む毒親、毒コーチは、低迷チームのファンから何を学べるのか

いただいた意見として最後に挙げた「勝つチームが好きなのは、そのチームが好きなのでは無くて、勝つ事が好き」という一文も心に刺さりました、勝つことにこだわる指導者や保護者は、子どものスポーツそのものに対する関心よりも、勝つことのほうが大事なのかもしれません。

33歳FWヴァーディが初のプレミア得点王に! アシスト王はデ・ブライネ

ヴァーディに次いで得点ランキング2位を飾ったのは、アーセナルのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンとサウサンプトンの元イングランド代表FWダニー・イングス。両選手とも今季22ゴールを記録したが、得点王のヴァーディにはわずかに及ばなかった。

手越祐也「プロをあきらめてジャニーズに」サッカー半生を告白

「サッカーは4歳からやっていました。小学生のときは地元のクラブチームの一員として神奈川県の大会に出場して、ヴェルディ(川崎/当時)とか(横浜)マリノスのユースなんかと、よく試合をしていました。神奈川で2位になったこともあります」(手越、以下同)

YouTubeをJ人気発展の入り口に/那須大亮

選手はピッチに集中するのは自然ですが、支援があるからこそ、ストレスなく取り組めている。スポンサーの皆さんに恩返しするためには、個人が価値のある存在になること。ひいてはそれが、Jリーグの発展やビジネスモデルを大きくする上で必要だと再認識しました。

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

2020年、夏、部活。~前を向いて自主練に励む学生たちのリアルな声を大塚製薬特設サイトにて公開中~

スポーツチームで人工知能ができること

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

”より早く、より長く” 人気の厚底モデル「HYPERION TEMPO(ハイペリオン テンポ 」の実力とは?7月上旬販売開始!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

【数字を読む】日本で一番チーム月謝が少ない県、一番サッカー指導者が足りない県

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top