グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

7月20日(月)スポーツ選手支援対象者78名決定、学生選手プロ化は終わりの始まり?ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

未来のトップアスリートをサポート!第19回(2020年度)「スポーツ選手支援事業」支援対象者を決定しました!

今回は水泳・体操・柔道・スキー・スケート・陸上・バレーボール・卓球・テニス・バドミントン・フェンシング・ゴルフ・スポーツクライミング・カヌーの14競技から、優れた素質を持つジュニア選手を含んだ78名を支援対象者として認定しました。

学生選手のプロ化は大学スポーツの終わりの始まりか

根本的なビジネスモデルの変革を強いられる大学スポーツの現状について、学生選手のプロ化を後押しする内外からの全米体育協会(NCAA)包囲網やプロスポーツとの競合環境の変化などについて解説する。

巣立て、国際スポーツ人材 民間組織が若手の能力磨く

「スキッパーズ(主将)」と名付けた若手メンバーは現在10人。山岸遥子さんは英国の名門ラフバラ大を卒業し、9月から国際オリンピック委員会(IOC)がスイスで運営するスポーツマネジメントの大学院に進む。社会人向けのコースだが、年に1人ほどは卒業直後の学生も迎える。この枠で入学するアジア人は珍しいという。

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

”より早く、より長く” 人気の厚底モデル「HYPERION TEMPO(ハイペリオン テンポ 」の実力とは?7月上旬販売開始!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

梅雨の今欲しい!アメリカ生まれの蒸れない万能撥水スプレー「ネバーウェットNEO」!

【最後の夏を完全燃焼!】全国各地で甲子園代替大会実施【3年生の出場機会確保を優先する地域も】

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

【数字を読む】日本で一番チーム月謝が少ない県、一番サッカー指導者が足りない県

どうなる2020年の夏の中学校体育大会(全中・中学総体)各都道府県開催・中止状況まとめ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top