グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、3月末から5月にかけて学校の休校、飲食店の短縮営業、さらにスポーツ関連の店舗は休業を余儀なくされ、これまであたり前に通っていたスポーツジムやパーソナルトレーニングなどの運動習慣も一気にストップしてしまうという事態となりました。

ではコロナ自粛期間中、スポーツチームの監督やコーチなどは、選手たちにどのような対応をとっていたのでしょうか?
ここにきて更に注目されているオンラインの活用術や、活動自粛中に実際に行っていたチームによるオンライントレーニングなどの紹介、またオンラインを使用する上での注意点など、秋にもくるのでは?と言われている「コロナ第2波」に備えておきたいことを簡単にまとめました。

【アンケート調査】自粛期間中に約9割が自主トレをしていた!

Q1.活動自粛中のトレーニングについてチームからなにかアクションはありましたか?

A. 「ONE TAP SPORTS(ワンタップスポーツ)」を利用している人の約9割のチームがなんらかの形でトレーニングを継続して行っていたと答えており、多くのチームがオンラインでの合同トレーニングを取り入れていることがわかりました。

37.3%…トレーニング内容について 
21.9%…全選手が同じ練習メニュー 
10.1%…各選手に個別練習 
20.7%…その他

【内訳】
・行ってほしい練習内容についてプリントを作成して配布
Zoomによるオンライントレーニング指導
選手考案のメニューを動画共有し合った
・共通メニューと、リハビリ選手と希望選手へ個別でメニュー提供 など

Q2.活動自粛期間中のトレーニング量はどうでしたか?

A.上記で約9割の選手がなんらかの形でトレーニングをしていた、と答えたアンケートの中で、数字にして86%の選手でトレーニング量が減ったと答えました。

円グラフからもわかるように、かなり減った…68.6%、少し減った…17.3%と9割の選手がトレーニングはしていたけれど、大部分の選手が練習の強度は上げられなかったと感じているようです。

首都圏や大都市を中心にまたじわじわと増えているコロナウイルスの影響で、またいつ自粛期間がきてもいいように、チーム指導者や運営をしている側は自チームの選手の練習強度を保ちつつ、トレーニングを如何に継続させるかを今から考えていくことが求められます。

スポーツ選手のための体調・コンディション管理ソフト「ONE TAP SPORTS」のアンケートでは、活動自粛中のトレーニング内容や計画の工夫についての質問に、動画をうまく取り入れながら活動していたと答える選手が多かったこともわかりました。

<活動自粛中のトレーニング内容や計画の工夫についてどう考えていたか>

・GPSによるランニングデータの把握
・生活リズムの大切さを伝えた
できる限りオンラインで一緒に行うようにした
・トレーニング負荷の向上より、コンディション維持を重視し「飽きない工夫」を行っていた
オンラインで、普段はできない細かい動きやスキルの指導
こまめにミーティングを行い選手たちのモチベーション低下を極力抑えた
自宅で自重を利用してできるトレーニング動画などを共有した  など

※調査詳細は記事下にあります

【実践】いろんなチームのオンライン動画を見てみた!

オンラインではやはり多人数で使いがってのいいZOOMやLINEを使った取り組みが多く見られましたが、チーム独自にコーチなどが練習メニューを提案して動画にアップしているところもありました。みなさんそれぞれ選手に飽きさせないように工夫していることがうかがえます。

ライバルに差をつけろ!!
アウトサイドを自由自在に!

活動自粛中に家で行える個人練習メニュー⚽
椎木チャレンジ【リフティング編】

ボールの芯を捉えることが大切。
蹴り方を工夫するだけで獲得できる技術は変わる!

何回できるかな!?

#うちで過ごそう
#PrassovoFC
#スポンサー募集中

Prassovo FCさんの投稿 2020年4月15日水曜日

ライバルに差をつけろ!!
当たり負けない体を作ろう!

活動自粛中に家で行える個人練習メニュー💪
足助チャレンジ【カンタン体幹トレーニング編】part1

各15回×2セット…Prassovo FCさんの投稿 2020年4月13日月曜日

GLOBAL SPORTS MANAGEMENT  TAKADAコーチによるサッカーブログ

今夜はGKオンライントレーニングin埼玉でした!

本日も沢山のゴールキーパー選手と指導者の皆様にご参加頂きました!
参加頂いた皆様ありがとうございました!

第2回のテーマは【キャッチング】
オンライントレーニングでは座学をメインにおいていて、映像を見て、良い動画と悪い動作を選手たちとディスカッションしながら分析しています。
映像見て、頭で考えてプレーを理解して答えを出す。

分析ってサッカー選手にとってめちゃくちゃ大事です。

海外のクラブでは練習をビデオに撮ってたりするので、それを練習前にみんなで見て、テーマとなってるポイント理解したりします。

視覚的に自分のプレーを見ると出来てたと思っていたことが意外とできていなくて、自分のプレーの修正には映像を撮るが近道となる場合もあります。

グランドで学ぶだけがサッカーの練習じゃないんで座学もめちゃくちゃ大事。

選手たちと話してると、そんなところを見てるんだなぁと色々と発見があり楽しいです。

ゴールキーパーもフィールドも親御さんからオンラインでの分析授業の評価が意外にも高いので毎回緊張します 笑笑

親子で楽しく学んでもらえたら嬉しい限りです!

さぁ明日は一般向けのオンラインGKトレーニングがスタートします!明日も頑張っていきます!

参照:GLOBAL SPORTS MANAGEMENT  TAKADAコーチによるサッカーブログ

 

ゲーム分析オンライン講座を実施しました!

昨日はサッカーのデータ分析の専門家の方をお招きし、ジュニアユースチームでゲーム分析オンライン講座を実施⚽

今回はJリーグの映像を用いながら、サッカーの目的やポジションについて勉強しました📝

改めて座学でサッカーを勉強するという非常に貴重な機会でしたし、身体のトレーニングはもちろんのこと、このような講座形式のトレーニングもこれからどんどん進めていきます✨

今できる事を続けていきましょう‼👍

参照サイト:PUENTE FC


他にはドリブルデザイナー 岡部 将和氏が、note※を利用してオンライントレーニングを有料配信するなんていうものもやっていました。
★定期購読 岡部将和ドリブルnote (毎週更新)

※noteは、写真、図解、漫画、小説、動画、音楽など、さまざまな創作活動に合わせて使える、5つの形式の記事をつくることができる機能です。

オンラインを使用する際の注意点

最後にトレーニングや座学などでオンラインを使用する際に、トラブルに巻き込まれないための注意点を確認しましょう。

スマートフォンを安心・安全に使うために情報セキュリティ対策をしましょう

情報セキュリティ対策を行っていないと、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。利用の際は、「スマートフォン情報セキュリティ3か条」と、大切な情報を守るための「スマートフォン プライバシー ガイド」を踏まえて、しっかりと対策を行いましょう。

編集後記

コロナ禍の中で「withコロナ」として生活していく上では、ネットなどのオンラインとは今後切っても切り離せない環境になっていきます。指導者の皆様もぜひ面倒くさがらず、どうぞもっと気軽に、周りを取り込んで楽しく活用していってほしいと思います。

引用/参照サイト:PR TIMES

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

1回戦全試合を動画配信。エールよ、届け「インハイ代替大会「SAGA 2020 SSP杯」株式会社グリーンカード

「インターハイが中止になってしまった人の気持ちが少しわかる」ボクシング村田諒太選手が高校生へオンライン授業を実施

欧州・中南米で人気急上昇中!ゴールキーパーグローブブランド「ELITE SPORT」発売開始

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

【数字を読む】日本で一番チーム月謝が少ない県、一番サッカー指導者が足りない県

ABOUT THE AUTHOR

さちさん。
千葉県在住、中高生男子2人の母です^^
子供たちも大きくなり時間にも余裕ができるようになりました。
そこでなにか自分の趣味をと思い、最近では昔を思いだしながら電子ピアノで流行りの楽曲を弾いてみたりしています。案外楽しいものですね!

まだまだコロナ渦で大変な日常が続いていますが、今日も一日笑顔で過ごせるような話題をお届けできればと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top