グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

6月19日(金)サッカー天皇杯J2,J3参加も大幅縮小開催へ、「新しい観戦体験」を巡る動き ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

サッカー天皇杯、J2とJ3覇者含む52チームで 例年の88から大幅縮小

日本サッカー協会は18日、今年度の第100回天皇杯全日本選手権はJ2、J3の優勝チームを含む計52チームで争うと発表した。新型コロナウイルスの影響で4月に大会方式を変更し、Jリーグ勢はJ1の上位2チームのみが準決勝から参加予定だったが、5月の理事会で継続審議となり、再検討していた。例年の88チームから大幅に縮小される。

Jリーグ勢に加え、JFLのホンダFCと47都道府県の代表が出場する。大会は8回戦制で、J2とJ3は準々決勝、J1は準決勝から参戦。優勝賞金は従来の1億5000万円から1億円に減額する。9月16日に開幕し、決勝は来年1月1日。

新型コロナ禍が日本代表強化に打撃…なぜ反町技術委員長は1年延期東京五輪を狙うUー23代表の活動白紙を決断したのか?

延期されたカタールワールドカップ・アジア2次予選が10月および11月に実施される予定になった状況を受けて、9月に設定されている次の国際Aマッチデーにも、森保一監督に率いられる日本代表の活動を組み込む意向を明らかにした。(中略)
下から突き上げる役割を果たすのが、来夏に延期された東京五輪に臨む1997年1月1日以降に生まれた世代となる。しかし、森保監督が兼任するU-23代表の活動に関して、反町委員長は「特に9月を含めた最初の時期では、いまのところ具体的には考えていない」と意外な方針を明かした。

無観客開幕のプロ野球中継「音をどう見せるか」に苦心 ソフトバンクは練習試合でも15%超の高視聴率

TNCを含め各局が地上波中継した2、3月のオープン戦と練習試合も無観客だった。「初めての経験」と振り返る内藤氏は、その難しさを「スタンドに人がいる、いないで全く違う。球場の盛り上がりを伝える上でカメラマンの選択肢はかなり減る」と強調する。その上で重視するのは、やはり「音」だという。

「打球音やミットの捕球音、ベンチでの選手の掛け声。満員のファンがいる中では絶叫する実況アナウンサーも、あえてトーンを抑えたり工夫している。音をどう『見せる』かというのは新しいチャレンジです」

新しい観戦体験が「スタジアムで観られない」を「デジタルで観たい」に変える

観戦体験はリアルでもデジタルでもクラブだけで実現するものではなく、共感するパートナーやスポンサー企業と一緒に作っていくものである。デジタルの世界で完結する体験に協賛してくれるパートナーも出てくる。また地理的に離れている企業がパートナーの場合、その企業の社員がなかなか観戦に行けないこともある。デジタル観戦体験が提供されれば、日本中、世界中のパートナー企業の社員が観戦体験を楽しむことができる。自分たちのクラブの試合観戦を福利厚生プログラムに組み込む提案もできるだろう。

先週のニュースプレイバック

6月12日(金)「揺れる国体」鹿児島は年内開催断念か、来年以降の4知事は「影響ないように」と共同要望ほか

6月11日(木)日本高野連が今春センバツの代替試合を発表 無観客の甲子園で8月に各校1試合 リモート開会式も検討 ほか

6月10日(水)佐賀インハイ代替大会 サッカーは1回戦全試合をLIVE配信、甲子園の代わりに「3年生秋季大会出場説」が浮上

6月9日(火)全国44高体連が「代替大会」検討中、Jリーグ再開初戦カード決定 ほか

6月8日(月)高校体操部の事故 損害賠償裁判開始、タックル無のラグビー部手探りで部活再開

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

1回戦全試合を動画配信。エールよ、届け「インハイ代替大会「SAGA 2020 SSP杯」株式会社グリーンカード

「インターハイが中止になってしまった人の気持ちが少しわかる」ボクシング村田諒太選手が高校生へオンライン授業を実施

欧州・中南米で人気急上昇中!ゴールキーパーグローブブランド「ELITE SPORT」発売開始

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

【数字を読む】日本で一番チーム月謝が少ない県、一番サッカー指導者が足りない県

どうなる2020年の夏の中学校体育大会(全中・中学総体)各都道府県開催・中止状況まとめ

体育会学生就活応援特集 自己PRに使えるフレーズ例から就職後困ったらどうする?まで

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top