グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

6月9日(火)全国44高体連が「代替大会」検討中、Jリーグ再開初戦カード決定 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

全国44高体連が「代替大会」検討 本紙アンケート 晴れ舞台確保へ前向き

成果発表の場や代替大会について「開催決定」と回答したのは6県。うち佐賀は野球を含む29競技による「県高校スポーツ大会」の開催が決定した。奈良は8月下旬の県総体を開催方式を変えながら実施予定。沖縄は延期されていた県総体を7月に開催。大分は「その他」と回答したが、同様に県総体を7~8月に分散開催する。

 

阪神&球場が甲子園の土プレゼント!矢野監督と選手が相談し発案、高3球児5万人に

「高校球児、そして監督さん、父母のみなさん。みんな本当にね、気持ちをどこにぶつけていいか分からないようなニュースを見ていましたので。何か応援したい、背中を押せるものがないかなというところで、甲子園の土を贈らせてもらうことを決めました」

無念に思いをはせたのか、矢野監督は声を詰まらせながら説明した。

 

『柏×FC東京』『浦和×横浜M』『神戸×広島』『横浜FC×札幌』『清水×名古屋』Jリーグ再開初戦カード判明

7月4日に再開するJ1の対戦カードが8日、関係者への取材で明らかになった。リーグ初制覇を目指すFC東京はアウェーで昨季J2優勝の柏と激突。昨季リーグ王者の横浜Mは敵地で浦和、元スペイン代表MFイニエスタ(36)擁する天皇杯覇者の神戸はホームで広島と対戦する。

 

Jリーグ&NPB「新型コロナ対策会議」の専門家が独自見解「サッカーは濃厚接触ではない」

Jリーグと日本野球機構が共同で設立した、新型コロナウイルス対策連絡会議の第9回会議が8日に開催。初回から招聘している、東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授(感染制御学)を座長とする感染症の専門家チームから、PCR検査体制や運用方法などについてさまざまな意見が提案された。

先週のデイリーニュースプレイバック

6月5日(金)久保建英選手「メッシと同じレベルに・・・」と報道、東京五輪は「シンプル化」へ? ほか

6月4日(木)石毛秀樹、宮本航汰が清水高部東小学校訪問…コロナ感染拡大防止で児童と触れ合えず ほか

6月3日(水)東京アラート初の発令、高校空手・高校男子新体操は動画採点で全国大会開催決定 ほか

6月2日(火)東京高野連独自大会の開催を発表!DeNAがスタジアムグルメのデリバリーを開始 ほか

6月1日(月)富山国際大付、富山第一高校ら監督が県内クラブチームを支援、佐賀県は2週間後に野球とサッカーの代替大会 ほか

こんな記事も読まれています

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

指導者の皆さん、サッカー・ユニフォーム規定が改訂されます(2020年~)

【数字を読む】日本で一番チーム月謝が少ない県、一番サッカー指導者が足りない県

どうなる2020年の夏の中学校体育大会(全中・中学総体)各都道府県開催・中止状況まとめ

体育会学生就活応援特集 自己PRに使えるフレーズ例から就職後困ったらどうする?まで

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top