グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

5月11日(月)自粛警察の嫌がらせを懸念しつつ営業開始、サッカー界が祝うドラゴンボールの「悟空の日」ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

宮城のスポーツジム暗中模索 嫌がらせ警戒、ひっそり営業

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業要請が解除された宮城県で、スポーツジムが感染対策を徹底して営業を再開し始めた。飲食店など再開店舗へ嫌がらせをする「自粛警察」という言葉がインターネット上を飛び交う世情の中、ひっそりと会員を迎え入れる。

日本からスポーツが消えた日――コロナ禍で露呈したスポーツビジネスの法的リスクと課題

では、唯一無二のプロダクトである試合が開催できない今、スポーツ団体はこの事態にどのように対処していけばいいのだろうか。収入の大きな柱の1つである「広告料収入」にスポットを当て、試合が中止となった場合の広告主とスポーツ団体間の契約の行方を推察してみたい。

大学スポーツ揺さぶるコロナ、学生アスリートが最も恐れていること

中でも、多くの学生が不安に感じているのは、部員に感染者が出ること、練習が自粛や制限されること、大会が中止されること、自分やチームの力が落ちることなどでした。

サッカー=ライプチヒ監督「マスク使用は練習が必要」

ナーゲルスマン監督は8日にリモートで行われた記者会見で「指示を叫ぶときにマスクを外し、終わったら再び着用しないといけない。うまくこなすのは簡単ではない」とコメント。「少し練習しないといけない」と話した。

「サッカー界は孫悟空に敬意を示す」 ドラゴンボールの“悟空の日”に海外メディア注目

5月9日はドラゴンボールの主人公を務める孫悟空は「5(ご)」「9(くう)」という語呂合わせにちなんで「悟空の日」として日本記念日協会にも登録されているが、これに海外メディアも注目。メキシコメディア「Publimetro Mexico」は「ドラゴンボールに敬意を示すサッカー界で最も印象深いセレブレーション」と見出しを打って取り上げている。

先週のデイリーニュースプレイバック

5月8日(金)JFAが街クラブの経済支援を発表!夏の甲子園大会各都道府県方針一覧 ほか
5月7日(木)プロへの“就活”も先が見えない、それでも前へ 強豪・流経大サッカー部のいま「いまは我慢の時期。チャンスはあるはず」ほか
5月6日(水祝)握手動画公開で独1部リーグに出場停止?スポーツ選手マネジメント会社が考える「ポスト・コロナ」ほか
5月5日(火祝)天理高校野球部「模擬スクール」実施,アフターコロナを見据えた体調管理ほか
5月4日(月祝)錦織選手eスポーツ大会で準優勝、台湾サッカーリーグはなぜ再開できたのか ほか

こんな記事も読まれています

チーム・大会運営者の皆さまへ 関連の経済支援の窓口をご紹介 スポーツイベントの消毒用アルコールの経費支援から中小・小規模事業者窓口まで

5Gの時代が到来!どんな影響があるのだろうか?指導法や試合の観戦方法に新しい可能性も??

スポーツにおけるTwitterアカウントの運用。どんな内容がバズるのか?

20年あまりで大差がついてしまったJリーグとプレミアリーグのビジネス規模から学ぶ、チーム運営に必要な「視点」とは。

監督業の孤独。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top