グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

5月7日(木)プロへの“就活”も先が見えない、それでも前へ 強豪・流経大サッカー部のいま「いまは我慢の時期。チャンスはあるはず」ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

プロへの“就活”も先が見えない、それでも前へ 強豪・流経大サッカー部のいま「いまは我慢の時期。チャンスはあるはず」

新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕が延期となっている関東大学サッカーリーグ。5月30日からスタートする予定だったものの、さらに遅れることが決定した。同連盟の理事長及び全日本大学サッカー連盟の副理事長を兼務する流通経済大の中野雄二監督(57)は、先が見えない苦悩を口にする。

ブンデス5月中に再開へ メルケル首相ら合意

新型コロナウイルスの感染拡大により中断中のドイツ・ブンデスリーガについて、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相と各州の知事が5月中の再開案で合意に至ったことが分かった。

J3ガイナーレ鳥取が段階的な活動再開を発表 十分な対策を講じた上で

J3のガイナーレ鳥取は6日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により休止していたトップチームの活動を7日から段階的に再開すると発表した。ウイルス感染拡大によりJリーグの全公式戦の延期が続く中、鳥取では4月11日からトップチームの活動を休止していた。

田中順也がマスクを製造・販売、収益を医療者応援ファンドに寄付

ヴィッセル神戸のFW田中順也が‪運営するアパレルブランドの『CEUEU』がマスクを製造・販売し、売り上げの諸経費を除いた金額を神戸市の「こうべ医療者応援ファンド」に寄付すると発表した。

香川真司が東京都庁広報課のSNSに登場!“我慢の重要性”呼びかけ「未来は一瞬の我慢で開ける」

レアル・サラゴサ(スペイン2部)に所属する日本代表MF香川真司が6日、東京都庁広報課のツイッターを通じて新型コロナ禍における“我慢の重要性”を呼び掛けた。

先週のデイリーニュースプレイバック

5月1日(金)高校野球甲子園地方予選どうなる?Jリーグ、新たに6月7日までの49試合の延期を正式発表ほか
4月30日(木)J1神戸、GWは「おうち時間を笑顔で」HP上で塗り絵や特製弁当企画 ほか
4月28日(火)J1鳥栖赤字20億円で存続の危機、夏の高校野球地方大会無観客開催を検討か
4月27日(月)インターハイ初の中止、甲子園も辞退校が出現 ほか

こんな記事も読まれています

月謝は返却か、オンラインで対応か?スポーツチームの存続のために

クロールの初速の減速は「バタ足」にあった?順天堂大学+筑波大学の研究結果ご紹介

チーム・大会運営者の皆さまへ 関連の経済支援の窓口をご紹介 スポーツイベントの消毒用アルコールの経費支援から中小・小規模事業者窓口まで

指導者のスキルアップ!練習や試合が中止の今こそ、じっくり動画分析をしてみよう!

【コロナ関連】チームの方針をホームページに掲載しましょう!文例のご紹介(コピペでお使いください)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top