グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

4月16日(木) 田嶋幸三JFA会長がコロナ病床で考えた日本サッカー救済策 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

田嶋幸三JFA会長がコロナ病床で考えた日本サッカー救済策

新型コロナウイルスに感染したJFA(日本サッカー協会)の田嶋幸三会長(62)は<死の恐怖と闘いながら>入院生活を送った。ベッドの上で何を思い、これからJFA会長として何をなそうとしているのか? ビデオ会議システムを通してサッカージャーナリストの六川亨氏が聞いた。

今なお再開白紙…なぜJリーグは「痛みを伴う」緊急改革を決断したのか?

感染拡大の一途をたどる新型コロナウイルス禍から、J3までを含めて56を数えるJクラブを守るために、Jリーグ本体が痛みを伴った緊急改革に打って出ることを決めた。

FIFA、国際試合年内見送りか 副会長言及「国際移動の問題もある」

FIFAのモンタリアーニ副会長は13日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で各国代表による国際試合の年内開催が見送られる可能性に言及した。

「セリエAは1カ月以内に再開できる」伊メディアで感染症専門家が見解

イタリアの主要な感染症専門家であるイタリア国立衛生研究所(ISS)の感染症局長ジョバンニ・レッツァ氏が、厳格な措置を講じた場合に限り、セリエAは1ヶ月以内に再開できるとの見解を示した。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top