グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

5月15日(金)夏の甲子園中止か20日正式決定,長引く自粛で揺れる部活 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

夏の甲子園、中止へ センバツに続きコロナで球児の夢が…20日正式決定

今夏の第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕予定・甲子園)を主催する日本高野連と朝日新聞社が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で同大会を中止する方向で最終調整に入っていることが14日、分かった。今春のセンバツも中止となっており、開催を求める声が現場、ファンからも上がっているが、選手らの健康と安全を最優先したとみられる。20日の大会運営委員会で正式に決定する見込み。夏の甲子園の中止は、米騒動の1918年、戦局が深刻化した41年に次いで79年ぶり3度目となる。

《部活が揺れる 長引く自粛》(1) 崩れた将来像 目標失い苦悩 「今後どうしたらいいか」

進路決定について、サッカーJ2ザスパクサツ群馬の松本大樹強化本部長は「高校生の獲得時期を前倒しするJクラブがあるかもしれない」と指摘する。例年、夏の全国大会前はJクラブが獲得の内定を出す一つのタイミングだが、今年はそれが流動的になる可能性があるという。

ミュージックセキュリティーズ、ミクシィと提携 スポーツ支援でファンド

クラウドファンディング大手のミュージックセキュリティーズ(東京・千代田)は、ミクシィと資本業務提携した。両社は共同でスポーツの支援や地方活性化を目的としたファンドを立ち上げる計画だ。ミクシィはプロサッカークラブへの出資などを通じてスポーツビジネスを強化しており、消費者との接点をさらに増やしていく。

JFA田嶋会長が語る「サッカー界がスポーツ競技団体に貢献できること」

「一番大切な人材やインフラを絶対に死守」
「国が1人1日上限8330円を支給する雇用調整助成金という制度はあります。しかし、例えば12歳以下の子供たちを指導しているサッカーチームやクラブは、8割以上が任意団体です。法人格を持っていないから、雇用調整助成金を申し込むことができません。こういう街中で一生懸命サッカーを教えている人たちがいなくなってしまったら、これは大変なことだなと。今まで何十年もかけて培ってきたものが、壊れる時は一瞬にして倒産し、指導者がいなくなってしまう。もう一度作り直そうとしたら、大変な時間がかかります。

コロナ禍を乗り越えて、いざ子供たちがサッカーを再開しようとしても『もうあのクラブはなくなっちゃったらしいよ』『もうあのコーチは別の仕事を始めたらしいよ』となる可能性もある。

だからこそ、我々にとって一番大切な人材やインフラを絶対に死守しなければならないと思ったんです」

(中略)

――街クラブからは具体的にどのような悲鳴の声、相談があったのでしょうか。

「やはり固定費についてです。主にそれは人件費であり、クラブハウスやグラウンドの賃貸料について。これは待ったなしで請求が来るわけですから、クラブの経営者にとっては大変な問題です。これまで日本サッカー協会は、自前のサッカー場を持ちなさい、クラブハウスを持ちなさいと言い続けてきました。それに則って設備と人材を整えてきたクラブほど、今回の被害が大きいわけです。その意味でも、我々はサポートしていかないといけない」

先週のデイリーニュースプレイバック

5月8日(金)JFAが街クラブの経済支援を発表!夏の甲子園大会各都道府県方針一覧 ほか
5月7日(木)プロへの“就活”も先が見えない、それでも前へ 強豪・流経大サッカー部のいま「いまは我慢の時期。チャンスはあるはず」ほか
5月6日(水祝)握手動画公開で独1部リーグに出場停止?スポーツ選手マネジメント会社が考える「ポスト・コロナ」ほか
5月5日(火祝)天理高校野球部「模擬スクール」実施,アフターコロナを見据えた体調管理ほか
5月4日(月祝)錦織選手eスポーツ大会で準優勝、台湾サッカーリーグはなぜ再開できたのか ほか

こんな記事も読まれています

チーム・大会運営者の皆さまへ 関連の経済支援の窓口をご紹介 スポーツイベントの消毒用アルコールの経費支援から中小・小規模事業者窓口まで

5Gの時代が到来!どんな影響があるのだろうか?指導法や試合の観戦方法に新しい可能性も??

スポーツにおけるTwitterアカウントの運用。どんな内容がバズるのか?

20年あまりで大差がついてしまったJリーグとプレミアリーグのビジネス規模から学ぶ、チーム運営に必要な「視点」とは。

監督業の孤独。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top