グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

4月1日(水)北京五輪男子400メートルリレー銀メダリスト塚原直貴氏の陸上教室参加82人をPCR検査へ ほか

タイトルクリックで本文をお読みいただけます

塚原氏の陸上教室参加82人をPCR検査へ 主催者謝罪「冷静な判断をすべきだった」

陸上の08年北京五輪男子400メートルリレー銀メダリストの塚原直貴氏が先月28日に同県内で開催した陸上教室後に新型コロナウイルス感染が判明したことを受けて、同教室に参加した関係者、スタッフ82人に順次PCR検査を行っていくことを発表した。

 

東京五輪、代表再選考する?しない? 内定選手に法的保護の可能性

各競技団体は2020年7月24日開幕を前提に、選手選考を進めてきた。すでに内定を出している競技団体もあり、混乱が生じている。

 

久保建英、強豪アーセナル移籍が急浮上 スペインメディア報道「ジダン監督も同意」

スペインメディア「Don Balon」は「ロンドンのクラブは久保建英に狙いを定めている」と伝えた。

久保がマジョルカで武者修行している現状について触れつつ、「久保は成長を続けている。マドリードの計画は、その成長を継続させるために強豪チームへ引き渡すことだ。ジダン監督もこれに同意した」と言及。

 

日本代表からは中島翔哉 「FIFA上位50カ国で最も価値の高い選手」を英メディア特集

「GIVE ME SPORT」は「FIFAの上位50カ国で最も価値の高い選手」と題し、FIFAランキング50位以内に入っているナショナルチームにおいて、推定市場価格が最も高額な選手をそれぞれ取り上げている。

28位の日本代表からはポルトの中島の名が挙げられており、1800万ポンド(約24億円)。記事では、「中島は予想ほどゴールを奪えていないが、最も得点力のある背番号10番であるわけではない」と指摘している。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top