グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月30日(月)スポーツビジネスは「やりがい搾取」? どうなるサッカー五輪「23歳以下」問題 ほか

タイトルクリックで本文をお読みいただけます

サッカー五輪代表「23歳以下」問題は“すんなり決着”の雲行き

ところが――。日本特有の「24歳組が可哀想過ぎる」という情緒的な声が湧き上がり、特例で「2021年開催の東京五輪は<24歳以下の大会にすべき>という声が上がっている」と言う。

「セリエAの5月3日再開はない」 イタリアスポーツ大臣が見通し示す

欧州で最もコロナウイルスによる被害が大きいイタリアでは、セリエAを含めた全てのスポーツイベントが中止。現時点では4月3日までの中止が決定されているが、その期限をさらに1ヶ月延長する見通しだとスパダフォーラ大臣は語った。

新機軸のマッチングでハッピーに!スポーツビジネス界が求める人材とは?

20~30代に「給与とやりがいどちらが大事?」と質問を投げかけると、やりがい57.47%、給与42.53%(Wantedly調べ)という結果が出ており、やりがい重視派にスポーツ業界は人気が高いのだとか。しかし、そこには思わぬ落とし穴が……。それは近年の耳にすることが増えた「やりがい搾取」。雇用主が従業員のやりがいに甘え、不当に安い給料や劣悪な環境で働かせていることが問題となっている。

【休校ドリーム】メディアでも話題に サッカー乾選手や小野伸二選手も登場

ホッケーコーチングチーム「TM3hockey」のみなさんと富山アイススポーツクラブが中心となってスタートしたこの活動は競技の垣根を越え、サッカーやバレーボール、ラグビーなど幅広い競技へと広がっています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top