グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月9日(月) スポーツ協賛の一番満足は「地域貢献」、女子サッカーのホットスポット沖縄

「いらないもの探し」が新しいビジネスをつくる~ストックビジネス化の要点

まずは需要と供給の狭間を探す。そして、その需要と供給の高低差が価値(利益)になります。
「どうやら購入してくれるお客様はいそうだ」という確信が生まれたならば、そのサービスの本質を探って継続的な価値を生み出せるかをよく考えてみるのです。

 

スポーツ協賛の効果は? 商品認知度向上、満足は18%

調査では国内の大会などのスポンサーに満足度を5段階で尋ねた。「大変満足」「満足」と答えた割合は「社会的責任・地域貢献ができること」が64%と高い。一方、「顧客との関係性構築」は37%、「自社のイメージ構築・改善」は30%と落ち、「商品の認知度向上」は18%と低かった。
ニールセンスポーツジャパンの本庄健人副社長は「スポンサーをする目的が不明瞭な企業がある」と指摘する。逆にお金を使う理由さえはっきりすれば、スポンサーの満足度は高まりうる。

 

女子サッカー国内屈指のホットスポットは沖縄 その意外な理由とは

あまり知られていないが、県内は中高生の競技者数が国内トップクラス。育成年代の代表に選出される選手も少なくない。 県内の中学、高校、クラブを合わせた競技者数は951人で九州で最も多い。九州2位の福岡は372人で、飛び抜けている。全国では東京(2115人)、埼玉(1460人)、大阪(979人)に次ぐ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top