グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月6日(金) 地方のスポーツビジネスの可能性。名刺1枚の価値はいくら?

村井満チェアマンら幹部が語った「Jリーグ」スポーツビジネス戦略

公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の村井満チェアマンは、カンファレンスで1番手に登壇。2019年の実績として、年間入場者数が1140万1649人(J1、J2、J3の合計)と1100万人を初めて突破し、また、J1(1部リーグ)の1試合平均入場者数が2万751人を達成したことを報告した(数字自体は既に2019年12月に公表している)。

 

地方におけるスポーツビジネスの可能性【鹿島アントラーズ×千葉ジェッツ】

スポーツクラブにおいて良くある事が「好き故にひたすら頑張って働いてしまう」だそうです。
社員の方々はスポーツビジネスに関わりたくて従事しているので、頑張りすぎてしまうとの事でした。

しかしいくら好きとはいえ、やはり長時間労働は生産性を低下させてしまいます。そこでまずは働き方改革から取り組んだとおっしゃていました。

 

 

「冬眠人脈」の経済損失は120億円──名刺1枚の価値は74万円?

名刺交換をしても、そのまま活用できず、眠っている名刺。その名刺が実は大きな可能性を秘めているのかもしれない。

名刺管理サービス大手のSansanの調査によると、名刺交換をした人脈の6割が活用されずに、いわば“冬眠”しているという。さらに、この「冬眠人脈」による経済損失規模を、1社あたり120億円と推計。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top