グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

【高校生のサッカー進路】指導者留学ってつまり何?

期間・費用について

選手として国内・海外でプレーする道があるように、指導者としても国内だけでなく海外で勉強・活躍する選択肢があります。

一言で「指導者留学」と言っても、高校生の長期休みに行けるような一か月未満のものから、卒業してから本格的に学びに行く一年以上のものまで色々あります。

短期のものは金額も20万から40万、1年以上に渡るものは200万から300万あたりが相場のようです。

語学について

海外に留学するに当たり最も心配なのが語学についてだと思われます。一般的にはコーチングのトレーニングの無い午前中に語学学校に通うという形が多いようですが、留学斡旋先によっては実際にコーチングの勉強をする前に、一般的な語学はもちろんのこと、サッカーの専門用語や基礎知識をその国の言葉で学んだ後にコーチングスクールに通うといった、前準備を入念に行うところもあります。

その前準備はコーチング内容に特化された語学研修である場合が多いようです。ただし別に費用が掛かる場合もあります。

普通の語学学校では教わることの出来ないサッカーの独特な用語や言い回しなどを学べる事は、その後の指導者としての勉強をする上で本人にとっては大きなアドバンテージになります。親御様にも大きな安心となるのではないでしょうか。

内容について

実際に勉強する内容としては、サッカーライセンスを取得するに当たって必要なコーチングや応急手当等、実際に選手を指導する際に必要な事柄が主ですが、それだけではなく、育成について、チーム管理、プレゼンテーションの仕方など、クラブ経営に関わることまで多岐に渡ります。海外ではいかに自分の考えを相手に伝えるか、プレゼン能力も大いに問われます。

その国のトップリーグの試合を観戦することも多くの留学先の勉強の一つとなっています。
それまでテレビでしか見られなかった海外の試合を肌で感じられる事は、その後の留学生活に大きな影響を与える事でしょう。

生活について

勉強以外の普段の生活は、シェアハウスや寮など、費用的には抑えた暮らしをする場合が多いようです。団体で生活するシェアハウスや寮であればいろいろな国の若者と互いに協力しながら生活します。また、留学斡旋先によってはアパートで独り暮らしをする事もあります。そうなると当然自活する必要に迫られます。自分で街に出て買い物をして自炊をする。治安が悪く日常的にスリなどの危険性がある国や地域もあります。自分の身は自分自身で守る事を学ぶ事でしょう。日本と風習の違う国で暮らすことはサッカー指導者としてだけではなく、一人の人間・社会人としても得難い体験が出来るはずです。

ひとつ気を付けたいのは、留学斡旋業者が提示している留学費用には勉強に関わる費用以外の生活費等は含まれていない場合がほとんどです。ここは注意が必要です。

次は

留学後、帰ってきてからどうなるの?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top